排水管からの水漏れを見つけたら

排水管から水が漏れているのを見つけたら、被害が広がらないように応急処置をします。業者に依頼する場合でも、まず応急処置をすることが大切です。排水管トラブルの発生リスクは、普段の使い方や心がけによっても違ってきます。予防策をとることで、水漏れが発生した場合でも、被害を最小限に抑えることが可能です。水のトラブルを防ぐための方法についても押さえておきましょう。

■応急処置の方法

排水管から水が漏れているのを見つけたら、まず最初にすべきなのは水の使用を止めることです。水の使用を止めても漏れ続けるときは、パイプの中に水が残っていると考えられます。バケツや雑巾などを置いて水が流れ切るのを待ちましょう。水を使わなければ、それ以上漏れることはありません。穴あきやヒビなどパイプが破損している場合には、補修テープを巻いておくと安心です。
補修テープで水漏れが止まった場合でも、そのまま使い続けるのは避けるべきです。設置から年数が経っている場合には、他の箇所から水が漏れたり、パイプが割れてしまう可能性もあります。補修テープは一時的な処置と考え、専門業者に相談することが大切です。

■水漏れを予防する方法

水を使うときには、排水がスムーズに流れているかどうかチェックしましょう。一度に大量の水を流すと、パイプに負担がかかるので注意する必要があります。水回りに落としやすいものを置いたり、触ったりしないことも大切です。
排水口には異物が流れ込まないようにキャッチャーが取り付けられていますが、目が粗い場合には、食べかすや髪の毛などを十分キャッチできていないことも少なくありません。キャッチャーに市販のフィルターやストッキングなどを被せれば、排水管に流れるゴミを減らすことができます。残り物や油などを流さないことも大切です。
つまりが原因の水漏れを防ぐためには、排水管に汚れがたまらないようにすることが重要なポイントになります。内部を清潔に保つためには、定期的な洗浄が効果的です。ドラッグストアやホームセンターには、固形や液体などさまざまなタイプの洗浄剤が売られています。3ヶ月に1度を目安に、定期的な洗浄を行うことをおすすめします。

■まとめ
排水管からの水漏れを早期に発見するには、起こりやすい場所に検知器や警報器を設置するという方法もあります。スプレーやペンキなど水漏れ予防アイテムが販売されていますが、使い方を誤ると家屋を傷める可能性もあるため注意が必要です。水漏れを発見した場合はなるべく早く水道業者に連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ