排水管からの水漏れを解決する方法

排水管から水漏れしている場合、解決方法は水が漏れている場所や原因によって違って来ます。水のトラブルは自分で直せることもあれば、水道 工事が必要なときもあります。自分で直せるかどうかの判断基準や水道 工事業者選びのポイントについて、理解しておくことが大切です。

■水漏れ原因ごとの解決方法

配管の接合部分から水が漏れておらず、床から水が滲み出ていない場合には、排水管のつまりが原因の可能性が高いです。排水口や排水溝から水が逆流していないかどうか確認してみましょう。
つまりの原因が汚れの場合には、自分で直せることも多いです。少し熱めのお湯を注いで様子を見ましょう。重曹や市販の洗浄剤を使うのも効果的です。汚れを早く溶かそうと熱湯を使ってしまうと、パイプ自体が破損する可能性もあります。排水管、ホースの耐熱温度は60度程度です。手で触って少し熱いと感じる程度のお湯を使うことがポイントです。改善しない場合には、水道 工事業者に依頼する必要が出てきます。
配管の接合部から水が漏れている場合には、ナットを締めるだけで直る可能性があります。強く締め過ぎるとパイプ自体が破裂、破損する可能性もあるため要注意です。締めても改善しない場合には、パッキンの交換が必要になります。
長期間使用したことによる部品の劣化やパイプの破損が原因の場合は分解が必要になるため、ホームセンターなどで部品が手に入る場合でも、不安を感じたら水道業者に頼ることをおすすめします。

■水道 工事業者選びのポイント

排水管の水漏れがひどい場合はもちろん、どこから水が漏れているのかわからないときや自分で直す自信がないときは、水道 工事業者に連絡すべきです。
水道 工事業者を選ぶとき、まず最初に確認すべきなのは、自宅が対応エリアかどうかということです。複数エリアを対応している場合には、到着までに時間がかかることもあります。地域に専門スタッフが点在しているかどうかも、必ずチェックしておきましょう。
実績も水道 工事業者選びの重要なポイントになります。実績の件数だけでなく、具体的な施工事例についても確認しておくことが大切です。
ホームページなどに料金の目安が記載されている場合でも、水道 工事を依頼するときには必ず事前見積もりをとる必要があります。出張見積無料の業者を選ぶのがおすすめです。

■まとめ
近年では水道 工事業者の多くが、24時間体制で受け付けを行っており、年中無休のところも増えています。ただし、夜間と早朝や長期休暇の場合には、料金が加算されることも多いため注意が必要です。排水は水を使わなければ漏れることはありません。目に見える場所から排水が漏れている場合には、水を使わずに朝まで待つのもひとつの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ