排水管からの水漏れの確認方法

給水管からの水漏れは水道料金が上がるため気づきやすいのに対し、排水管から水が漏れている場合には発見が遅れがちです。地中の配管から水が漏れているときは、地盤沈下が起こる可能性もあります。新築から10年以上経過したら、業者に依頼して点検してもらうことも検討してみましょう。

■排水管 水漏れは発見しづらい

蛇口やトイレなど水が出る部分は目につきやすく、水が漏れていればすぐにわかりますが、排水設備は屋内にあってもシンク下など見えない場所にあるため長期間気づかないことも少なくありません。キッチンや洗面台のシンク下の収納部分を定期的にチェックする習慣をつけることが大切です。
シンク下に水がたまっている場合には比較的わかりやすいですが、床から水がにじみ出ているときは厄介です。シンク下が湿っぽい、臭いが気になるときは、排水プレートを持ち上げて確認する必要があります。
地中に埋設された配管からの水漏れの場合も、給水管からの水漏れは水道メーターでわかることも多いのに対し、排水管 水漏れは自分で確認することは難しいです。トイレの排水管 水漏れでは下水料金が上がることもあるので、水道料金を確認するときは使用水量や金額だけでなく、下水道料金についてもチェックすることをおすすめします。

■排水管 水漏れをチェックする方法

水浸しになっている場所を見つけたら、まず最初にすべきことは水漏れかどうかを確認することです。トイレの床に水がたまっている場合には、便器やタンクの結露が原因の可能性もあります。温水洗浄便座から水が漏れていることもあるため注意が必要です。
キッチンや洗面所の床が濡れている場合には、シンク下を開け、排水パイプの接合部分が緩んでいないかチェックします。パイプに穴が開いていないか、ヒビが入っていないか確認することも大切です。雑巾などを敷き、少量の水を流してみるとわかりやすくなります。上から順番に、目で見るだけでなく手で触りながら念入りにチェックしましょう。
パイプに異常が見られない場合は、床下から水が漏れている可能性があります。目に見えない場所から水が漏れているときは、業者に相談するのが確実です。

■まとめ
自分で調べられるのは、目に見える場所で発生する排水管 水漏れだけで、方法も目視など限られています。業者に依頼すれば、地中の排水管 水漏れはもちろん、屋内で水が漏れている場合でも、最新の機器を使い確実かつ効率的に調査することが可能です。修理には大掛かりな工事が必要なケースもあるので、信頼できる業者を選ぶことも重要なポイントになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ